1. 【富士物流TOP】
  2. 業種別サービス
  3. 化粧品・理美容・医療関係物流

化粧品・理美容・医療関係 物流

1、薬事法に則った確かな品質管理

化粧品、理美容、医薬関係の取扱いに共通すること、それは薬事法の規則に沿った品質管理を行うことです。また、破損しやすくデリケートな商品が多い化粧品を中心に、販売者や消費者の目線に立った細かい配慮が必要とされます。
富士物流では、医薬部外品・化粧品製造業許可(一部倉庫で取得)を保有しており、これから事業を始められる企業様をご相談にもお応えしています。また、薬事法基準の品質管理に加え、当社独自のFKS(現場改善)活動により、高効率・高品質な物流サービスを提供しています。

関連サービス

2、多品種少量出荷、季節ごとの物量変動にも対応

多品種かつ小ロットでの取扱いが多く、季節ごとの大規模な新商品の発売などにより、市場への出荷物量の波動が大きいこともこの業界の特徴です。
富士物流では、独自で開発した物流システム(WMS)を導入することで、作業の標準化を図りながら高精度な物流管理により多品種少量出荷にも対応しています。また、蓄積した物流データからの分析により、作業スペース・人員・車両を確保できる体制を構築、物量変動にも柔軟に対応しています。さらには、お客様側の基幹システムと富士物流側のWMSを連動させることで、より効果的な物流サービスを提供することが可能です。

関連サービス

3、流通加工・製造業務から流通センター業務までワンストップでお任せ

流通過程の中で商品の包装や仕分け、組み立てなどの流通加工業務を物流で行うことは、コスト削減・合理化を目的として今や一般的になってきています。
富士物流では、必要に応じて現場に責任技術者を配置することで医薬部外品・化粧品製造業許可(包装・表示・保管)の取得を行います(一部で取得済み)。一般的な流通加工業務に加え、医薬部外品・化粧品における製造業務(薬事ラベルの貼付、文書封入、品質検査など)にも対応でき、薬事法と物流の両方に精通するスタッフにより、製造業務から流通センター業務をワンストップでお引き受けいたします。

関連サービス

4、煩雑な輸入手続きもお任せ、通関から国内流通まで短リードタイムを実現

化粧品を取り扱う上では従来、海外からの調達品(輸入品)は煩雑な輸入手続きを済ませた後、一旦国内の製造業許可を保持する工場へ搬入をしなければなりませんでしたが、製造業許可を保持する倉庫へ委託することで、これまでのムダな輸送を省くことができるようになりました。
富士物流では、輸入通関手続きから一貫して弊社倉庫への直接搬入、流通加工・製造業務を行い市場へ流通させることで、コストの削減だけでなく、リードタイムの短縮を実現させ、お客様をサポートすべく最適な物流をご提案をいたします。

関連サービス
業種区分別サービスのご紹介
事例紹介

お問い合わせ

担当部署:全国ソリューション営業部 電話番号:03-5476-0547 お問い合わせフォームはこちら