1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2017年3月
  4. 「日ASEAN物流専門家会合」を開催【国交省】

物流業界ニュース(物流/運送情報)

「日ASEAN物流専門家会合」を開催 国交省

 「コールドチェーン物流プロジェクト」を提案

国土交通省は2月23日、マレーシア・クアラルンプールで第11回「日ASEAN物流専門家会合」を開催し、総勢35名が出席し、ASEAN各国のグリーン物流について議論を行った。

日本側からは国交省総合政策局の町田倫代国際物流課長ら、ASEAN側からはカンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、ベトナムの政府関係者とASEAN事務局、ドイツ国際協力公社(GIZ)の担当者が出席した。

会合では、日本側から、生活水準の向上や消費の高度化が進んでいるASEANで高品質なコールドチェーン物流の構築が求められている状況へ対応するため、新たに「日ASEANコールドチェーン物流プロジェクト」を立ち上げることについて提案があり、今後ASEANの会議において議論していくことについて合意が成立した。同プロジェクトは、日ASEAN交通連携の枠組みで日本が主導し、新たな取り組みとして推進していく。

また、ASEAN各国のグリーン物流の取り組み状況について発表があり、2015年開催の日ASEAN交通大臣会合が承認した「グリーン物流ビジョン・アクションプラン」に基づく取り組みについて議論を行った。

カーゴニュース 3月7日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。