1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2017年8月
  4. 国交省・根本政務官 日立物流の先進的センター視察

物流業界ニュース(物流/運送情報)

国交省・根本政務官 日立物流の先進的センター視察

国土交通省の根本幸典国交大臣政務官は7月24日、日立物流(本社・東京都江東区、中谷康夫社長)の土浦物流センター(茨城県かすみがうら市)を視察した。

同センターは、小型・低床式搬送車が保管棚を自動で搬送するピッキングシステムにより大幅な省力化・省人化を実現しており、根本政務官は物流生産性革命のさらなる推進に向けて、優良事例の現場として視察を行った。

施設内では、無人搬送車(AGV)をはじめ、搬送作業を支援する追従型自動搬送ロボットについての具体的説明を受けた。また、荷役作業を補助するウェアラブルデバイスを活用した作業支援システムについて、実際に端末を装着して体験した。

同センターは今年1月から2期センターの稼働を開始。同社のロジスティクス分野でのコンセプト「スマートロジスティクス」の新技術の実装により、省人化・省力化や見える化などロジスティクス分野の生産性を実現する施設として注目を集めている。

カーゴニュース 8月1日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。