人を知る
  • 営業部門
  • 技術部門
  • 管理部門

人を知る 技術(物流技術)

理系の立場から新しい物流の形を提案していきたい 大牟田真吾/職種:技術(物流技術)/所属部署:三重支社 業務課/入社年度:2005年/出身学部:工学部 電気電子工学科

お客様からの「ありがとう」を胸に

私の所属する三重支社は、自動販売機やオープンショーケースなどの製品を中心に、包装・保管・運送業務を担っています。なかでも、私は包装設計や梱包資材の受発注業務の担当をしています。初めて自分で設計したのは、展示会用サンプルのための包装でした。今思えば、まだまだ未熟な設計でしたが、そのときお客様からいただいた「ありがとう」の言葉は忘れられません。とても嬉しかったので、包装した製品を記念に写真撮影したくらいです。
包装といっても、ただ包んであればよいというわけではなく、運送の際に製品を守れる強度が必要であり、それでいて安価で使いやすい材質・設計でなくてはなりません。小さな無駄が、お客様にとって大きな損失につながることもあります。どれだけ無駄のない包装で、お客様の要望に応えられるかを、常に意識しています。

このページの上部へ

これから理系出身者の活躍が期待される業界

大学での専攻は電気電子工学だったので、学生時代の友人に「物流会社に就職した」というと「物流ってどういう仕事?」と質問されるような状態でしたね。実際、理系出身者で物流業界に就職したという例はあまり聞きません。けれども、入社後に業務に携わってみると、物流業界で理系出身者が活躍できる場は、実はたくさんあると思うのです。包装資材でも、ここ何年かで新素材かいくつも出ています。素材のもつ特性を踏まえて、最適な使用方法や設計を決定するのは、理系出身者の得意分野です。また、設計の現場から、新素材を提案することも可能です。専門知識をもとに、素材の活用方法を提案した結果、将来的には、シートを1枚かぶせるだけで梱包が終わるという時代が来るかもしれません。
物流では、お客様の製品を守る「包装」はとても大きい役割を果たします。つまり、大学で培ってきた知識と技術を、ダイレクトに実社会に役立てることができるのです。

このページの上部へ

技術者でありながらお客様の顔が見える仕事です

学生時代、スーパーマーケットでアルバイトをしていたため、もともと商品を取引する商流には興味をもっていました。在庫を管理したり、「モノを動かす」という仕事をしたいと漠然と感じていたんですね。ゼミの教授に就職相談をしたところ、物流業界について教えてもらい、結果的に富士物流を知りました。風通しがよさそうだという印象をもったこと、新しいことを推し進めていこうという雰囲気が自分の希望とぴったり合ったことが決定打になりました。入社後に受けた「パックンカレッジ」でも、それは間違いなかったと思いましたね。
もうひとつ、富士物流に魅力を感じた理由は、お客様からの反応を感じられそうだと思ったことです。もともと、アルバイトをしていたときから、お客様と接する仕事をしたいという気持ちをもっていました。今、私は「理系専門職として設計を行いながらも、お客様からの手応えを直接感じることができる」仕事についています。それが一番の醍醐味といえますね。

このページの上部へ

ある日のスケジュール 平日編
8:00 通勤

通勤時間は、徒歩約5分。いつも30分前には会社に着くように出勤している。

8:30 出社

メールのチェックと一日のスケジュールを確認する。

9:00 デスクワーク

梱包材手配・見積書作成。

11:00 打ち合わせ

顧客と製品発送業務の打ち合わせ。製品を発送する際に梱包は不可欠なので、打ち合わせは多い。

12:00 昼食

いつも通り事務所内でお弁当。

13:00 デスクワーク

製品図面や試作品を確認しながら梱包仕様を検討。

14:00 打ち合わせ

取引先と梱包仕様の検討。

16:00 巡回

少しでも時間ができた日は包装ラインへ。
作業者にヒアリングを行い、改善要望があれば出来る限り早く応えていく。

17:00 デスクワーク

本日発行分注文書の確認。
短納期のものがあればフォローの電話を入れる。

19:00 退社

明日のスケジュールを確認し、本日の業務を終了。

20:00 帰宅

帰宅後は子どもの相手をしながら過ごす。

22:00 就寝

 

このページの上部へ

ある日のスケジュール 休日編
7:00 起床

 

8:00 朝食

朝食を食べ、2歳の息子と電車のおもちゃで遊ぶ。

9:00 外出

家族でショッピングモールへ。人ごみが好きではないので、開店時間に合わせ、車で出発。

10:00

開店と同時に入店。妻が中心となって、いろいろ見て回る。

12:00 昼食

モール内のレストランで早めの昼食。

13:00 帰宅

子どもがお昼寝。その間は自分の時間を過ごす。車を洗車することが多い。

15:00 外出

子どもが昼寝から目を覚ましたので、公園へ出かける。

17:00 帰宅

 

18:00 夕食

家族で夕食。夕食後は、子どもとテレビを見る。

20:00 晩酌

せっかくのお休みなので、焼酎を少し…。

22:00 就寝

 

このページの上部へ