1. 【富士物流TOP】
  2. 物流サービス
  3. 海外物流
  4. ヨーロッパ(欧州)物流サービス
  5. オランダ倉庫を活用した欧州での非居住者在庫、VAT(付加価値税)対応

オランダ倉庫を活用した欧州での非居住者在庫、VAT(付加価値税)対応

EU諸国の中でも、オランダにおける物流は、港や空港への良好なアクセス環境など整備された物流インフラはもとより、荷主にも利点となる国の税制優遇措置があります。代表的な例として、欧州に自社拠点(販売会社などの現地法人)を持たなくても、荷主名義で在庫を持つことができる「非居住者在庫」や、EUへの製品輸入時に必要となる税務当局へのVAT(付加価値税)申告を代理人(荷主が任命)に委託することができる「納税代理人制度」などがあります。

富士物流では、EU域内においてオランダという地の利を生かした物流拠点の運営に加え、保税倉庫ライセンスを活かした「非居住者在庫サービス」や「一括輸入通関(関税一括納税)」、納税代理人ライセンスを活かした「VAT申告の一括請負サービス」など、荷主様が欧州で販売事業を拡大をするためのサポート体制を構築しています。

非居住者在庫と納税代理人制度を活用したサービス

非居住者である荷主人名義で在庫を保税貨物として無期限に保管する事ができます。

納税代理人制度により、「輸入VAT申告」を弊社へ委託する事ができます
(保税保管中は、輸入関税、輸入VATの支払いは猶予となります)

ヨーロッパ(欧州)物流におけるオランダの優位性

1. 非居住者在庫/保税倉庫

ヨーロッパへの輸入では通常、ヨーロッパに自社拠点(販売会社などの現地法人)がない場合、製品を製造している国(日本やアジアなどヨーロッパ以外の国)からヨーロッパ各国の輸入者に数カ月かけて船便で、または割高な運賃となる航空便などを利用して直送されます。しかし、欧州の中でもオランダでは、非居住者である荷主人が荷主人の名義で、これまで各国へ直送していた製品をオランダにある倉庫に在庫として所有することができます。これにより、日本国内の倉庫同様に、(1)ヨーロッパで製品を保管する、(2)顧客からの注文に沿って製品を出荷して販売する、という事業をヨーロッパで展開することができます。

非居住者在庫を持つことのメリット

欧州における納品先(顧客や代理店等)までの出荷リードタイムが格段に短縮されます。

日本やアジアなど、その他EU域外からEUの納品先までの輸送費(直送費)を大幅に削減できます。

小ロットや多頻度納品など、納品先ごとに異なる細かい注文にも対応できます。

保税貨物としての保管が無期限で可能なうえ、保税状態のままEU域外に再輸出(※1)が可能です。

欧州に自社拠点(販売会社などの現地法人)を持つ必要がないため、拠点運営コストを削減できます。

※1 保税状態を維持したまま輸出する為、EUの関税を支払う必要がありません。(関税の二重払いを回避)
  オランダ倉庫を基点に、ロシアやアフリカといったEU域外への出荷にも対応しています。

2. 輸入VAT繰り延べ納税制度/納税代理人制度

EUへの輸入では通常、輸入申告時に輸入VAT(付加価値税)を現金納付する義務がありますが、EUの中でもオランダでは、「輸入VAT繰り延べ納税制度」が採用されており、これによりVATの定期申告(納付を一時猶予とし、翌月あるいは四半期毎にまとめて申告)をおこなう事が出来ます。更に、申告と同時に還付申請が認められているため、申告時に納税と還付が同時に処理されることで、VATの支払いが不要となります。また、「納税代理人制度」を活用して、このような納税に係る煩雑な業務を納税代理人へ一括して委託することができることも、オランダならではの優位性の一つです。

上記制度を活用することのメリット

輸入VATの支払いが不要となることで、荷主側で納税にかかる一時費用を無くし、キャッシュフローの改善につながります。(2017年現在、輸入VATは製品価格の21%)

輸入VAT繰り延べ納税制度の適用をはじめ、納税に係る煩雑な業務を抱える必要がなくなります。

※上記以外にも、欧州で在庫を持ち製品を出荷販売する場合には、税務当局への販売実績(ECセールスリスト)や統計局への貿易統計データ(イントラスタット)の提出義務が生じますが、こういった手続きも納税代理人が一括して請け負います。

オランダ倉庫(サッセンハイムロジスティクスセンター)の概要

ロケーション

欧州オランダの現地法人、富士物流ヨーロッパ社が運営するサッセンハイムロジスティクスセンターは、首都アムステルダムとロッテルダムの中間に位置し、同時に欧州最大の港であるロッテルダム港と世界有数の国際ハブ空港であるスキポール空港(別名、アムステルダム空港)へのアクセスの良さから、物流拠点として利便性の高い立地にあります。

サッセンハイムロジスティクスセンター

1.スキポール空港から車で15分
2.ロッテルダム港から車で45分

GoogleMap

特長

欧州物流におけるオランダの優位性を活かして、欧州で事業を展開する企業をサポートいたします。

1 立地

1.欧州最大の「ロッテルダム港」と、オランダ最大かつ世界有数の国際ハブ空港である「スキポール空港(別名、アムステルダム空港)」が近く、他の欧州諸国に比べ、輸出入のリードタイムを短縮(最小化)することができます。

2.ロッテルダムやアムステルダムへは、車や鉄道を使って1時間以内でのアクセスが可能です。

3.他の欧州諸国と網の目のように結ばれている高速道路網や鉄道路線網、河川輸送網など、オランダは欧州諸国の中でも物流インフラが最も整備されています。

2 サービス

1.無期限で貨物を保税保管することができ、非居住者在庫としての保管が可能です。

2.非居住者在庫として、荷主様に代わって欧州顧客・代理店への直送を短いリードタイムかつ低コストで実現します(小ロット、多頻度納品に対応)

3.納税代理人制度と輸入VAT繰り延べ納税制度の活用により、煩雑な納税手続きを代行し、なおかつ、お客様のキャッシュフローの負荷を解消します。

4.日本と同様の高品質な製品検査・流通加工サービスをおこないます。

5.WMSに連動したWebシステムにより、日本にいながら在庫情報や貨物追跡など、リアルタイムでの状況確認が可能です。

3 設備

1.様々な品種、流動的な物量にもフレキシブルな保管が可能

〜床耐荷重3t/m2、天井高7.9m、セキュリティー設備

2.コンテナヤード・ドックレベラーを配置

〜コンテナの荷捌きも効率よく行います

施設概要

名称 Fuji Logistics Europe B.V. Sassenheim Logistics Center
住所 Warmonderweg 12-B, 2171 AH Sassenheim, The Netherlands
倉庫概要 ・保税倉庫
・倉庫面積:7,110m2、ヤード面積:900m2
・床面耐荷重:3.0t/m2、有効天井高:7.9m
・倉庫管理システム(WMS)、Webによる紹介システム
設備 ・トラックドック(ドッグレベラー付)×6基
・ユーロパレット対応重量ラック
・館内セキュリティー完備
・警備火災警報装置
事業内容
・国際フォワーディング(輸出入業務、通関業務)
・輸配送手配 ・在庫管理(税関と連携したWMS)
・保税倉庫保管 ・非居住者在庫保管
・製品梱包/輸出梱包 ・検品/流通加工
・包装資材販売 ・納税代理人

ヨーロッパ(欧州)物流サービスページへ

お問い合わせ

担当部署:ソリューション営業統括部 営業第二部

電話番号:03-4455-2092

クリムロジスティクスセンターの概要

ジョホール支店の概要

サッセンハイムロジスティクスセンターの概要

富士物流の3PLサービス

国内物流に関するお問い合わせ

三菱倉庫との連携サービス

フジパックンコンテンツはこちらから

物流業界ニュース