1. 【富士物流TOP】
  2. ソリューション事例
  3. 【卸売業】物流をアウトソーシングして本業に専念

【卸売業】物流をアウトソーシングして本業に専念

理容・美容用品の卸売企業様の導入事例

導入の背景

営業マンがそれぞれ担当店舗に納品しているため、支店ごとに在庫を抱えており重複在庫が膨らんでいる。またリアルタイムな在庫数の把握ができない。
長期滞留在庫・不良資産化在庫をなくしたい。物流はアウトソーシングして営業マンの訪問・販売サロンの拡大と提案の改善を図りたい。というのが、担当者様の課題でした。

富士物流からのご提案

富士物流ではお客様の課題や問題点のヒアリングと現場調査を行い、下記のサービスで物流アウトソーシングのご提案をいたしました。
商品の管理コードの整備などアウトソーシングできる環境づくりにご協力
在庫拠点を1拠点化し、5,000以上のアイテムを一括管理
理容・美容業様向け標準システムを活用した物流管理により在庫の見える化
在庫分析データのご提供と、在庫削減のバックアップ
当日配送の実施、物量波動への柔軟対応

実施したサービスの概要

アウトソーシングできる環境づくりにご協力

商品のコード管理があいまいであったり、受注や在庫管理方法が営業ご担当者によって異なるなど、アウトソーシングにむけた障害となっていましたが、現場調査のお手伝いなどで管理方法の標準化に向けご協力しました。

標準システム(WMS=倉庫管理システム)の活用

理容・美容用品の特徴に適した富士物流の既存標準システムを活用することで、初期投資にかかるお客様の負担を抑制し、かつ短い準備期間でのサービス開始が可能になりました。また、従来は5000以上に上るアイテムをすべて目視により商品管理をしていたため納品時の商品・数量違いなどのクレームが多発していましたが、JANコードを導入した同システムにより、作業の正確性が高まりました。JANコードがない商品にも独自のコードを添付し、全数機械検品によって出荷ミスを防止します。 正確な物流管理により、実在庫の見える化が実現しました。

お客様と富士物流協同での在庫削減

入出庫データ、長期滞留商品一覧データ等、各種データを元に、富士物流が在庫分析を実施。在庫削減推進会議を定期開催して、返品や処分を推奨するアイテムのピックアップなど適正在庫実現のご提案をし、サービス開始1年後には50%の在庫圧縮を達成しました。

お客様ご希望の納品方法に対応

当日朝の出荷指示でも即日配送したいというお客様のご要望を受け、都内23区には当日配送可能な体制を整えました。また、曜日・時間帯・キャンペーン等による物量変動があるためピーク時の対応へのご心配もありましたが、同一センター内で作業員を共有し、コストを増加させることなく出荷対応が可能です。

物流のアウトソーシング導入による効果

在庫圧縮→50%削減(運営当初の在庫滞留1.2ヶ月→運営1年後0.6ヶ月に)

顧客要求納品(当日配送、物量波動)への対応→100%達成

納品品質の確保→ほぼ100%達成(クレームほぼゼロ)

在庫圧縮50%ダウン

ソリューション事例の一覧へ

お問い合わせ

担当部署:ソリューション営業統括部 営業第二部

電話番号:03-4455-2091