1. 【富士物流TOP】
  2. 物流用語辞典

物流用語辞典

か行

カートン
いわゆる箱。ダンボール等の箱のこと。
カートンクランプ
フォークリフト形状の1つ。特長箱型の荷を両サイドからはさみ、破損することなく運搬可能。段ボール箱入りの荷、木枠ものなど、軽くて大きな容積の荷に最適。
カートン出し/カートン発送
ケース出荷。カートンを開梱してアイテムごとにピッキングをしての発送作業ではなく、カートンを開けずに発送すること。
カーフェリー
自動車航送船。旅客や貨物を乗せた自動車を運ぶ船舶。
回転ラック
水平又は垂直に回転し、指定した間口を所定の場所に回転移動できるラック。省スペースで運用可能。小物向き。
ガイドレール
フォークリフトトラック、AGV等の走行を案内するためのレールのこと。
カウンターウエイト
バランスをとるための重り。クレーンやフォークリフトの旋回体の後部にある(取り付ける)おもり。
かご車
ロールボックスパレット。運搬台車の一種で、格子状または網状の枠で作られたかご状の容器にキャスターを取り付けたもの。
過剰在庫
所定の在庫数値より、多く保管している在庫。
貨物追跡システム
輸配送中の貨物の、状況把握を行なうシステム。集荷から配達までのそれそれのポイントでデータを収集し状態を把握する。
緩衝材
クッション材。カートン内の荷物が、破損等しないために入れるクッション。
幹線共同運行
幹線輸送を行なう事業者が、同一路線を持つ事業者と共同して運行すること。
幹線輸送
地域間を大量輸送手段で運搬すること。
カンチレバーラック
棚の1種。片持ちはり構造になったラックのこと。キャンチレバーラックともいう。
完納
完全納入。分納した商品が全て納品完了すること。

このページの上部へ

危険品倉庫
倉庫業法において第七類物品(消防法第2条の危険物および高圧ガス取締法第2条の高圧ガス)を保管する倉庫のことをいう。
危険物
法令によりその貯蔵、取扱い、輸送、保管などについて規制されており、一般的には発火性または引火性物品、爆発性のある火薬、放射性物質、高圧ガス、毒物および劇薬などのことをいう。倉庫業法では施行規則別表で、第七類物品として消防法で定める危険物及び高圧ガス取締法で定める高圧ガスを指定しており、施行規則ではその第七類物品を保管する倉庫を危険品倉庫として定めている。
寄託
保管品を依頼する方法。倉庫寄託約款を定めて倉庫事業者は営業している。
基本型
1間口だけで自立しているラックのこと。
キャビン
運転席。
キャブオーバー
車体の形状の1つ。エンジンが運転室や車室の下に設置された貨物車
共づり
1つの荷を2台以上のクレーンで吊ること
共同配送
複数の企業が配送網を共有化し、荷物を積合わせして配送コスト削減を図る配送形態。
共同保管
複数の企業が同じ倉庫に商品を保管し、同一の出荷先への納品等に対応する形態。
筋かい
支柱枠を構成する斜め材のこと。

このページの上部へ

クレーン
代表的な荷役機器。動力を用いて荷を吊り上げ、上下または水平移動する機械。トラックやフォークリフトにも搭載される。
クローラクレーン
クレーンの1種。クローラベルト(履帯)を装備した台車の上にクレーン装置を架装したクレーン
クロスドッキング・システム
仕分・配送方式の1つ。工場と小売の間の中継拠点において、到着した商品を在庫することなく、方面別に仕分け、トラックに積み替えて配送する仕組みのこと。通過型流通センターの運営方式の代表的なもの。

このページの上部へ

軽量ラック
1棚当たりの積載荷重が150KG以下のラックのこと。
結束
複数の物品を、ひも、バンド等でまとめて縛ること。
月波動
月度による物量の変化をさす。一般的には締めとの関係上、月初と月末の物量は多い。
欠品
出荷指示のあったアイテムの在庫がないこと。物理的にないことだけでなく、予約等により確保できない場合もある。
検品
商品が納品された際に、指定した内容、品質と合致するかの検査。数量や破損、商品の違い、グレード等をチェックする。

このページの上部へ

コア・コンピタンス (Core Competence )
企業の中核でオリジナルな能力。他社に真似のできない、自社ならではの価値提供ができる能力のこと。
公共倉庫
国または地方自治体が運営している倉庫。主要港湾地帯にある公設保税倉庫、公設上屋、通関のための一時保管を行う保税倉庫などがある。
航空コンテナ
航空機用コンテナ。航空機に適した独特の台形の形状をしているものか多い。軽量に作られている。
港湾倉庫
港湾に立地する倉庫。船舶輸送にかかわる貨物を保管するために港湾に立地する。
コールセンター
一般的には、電話による対応窓口のこと。顧客対応窓口と社内対応とに大きく機能が異なる。一ヶ所に集約することによりクレーム等処理や情報収集がスムーズになる。
個建
アイテムやケース単位等の所定の単位での課金方法をさすことが多い。単位で貨物を管理することを言う。
固定ラック
移動ラックに対して、動かすことができない棚の総称。
固定ロケーション
商品を決まった位置に保管する管理方法。棚番と商品が1対1になる為、管理しやすい。
混載便
複数企業の商品や目的地が異なる商品等性格が異なる貨物を、纏めて輸送すること。
コンテナ
標準化された形態、形状で作成された輸送容器。一般的には海上コンテナ、航空コンテナ、鉄道コンテナ等をさす。
コンテナターミナル
港湾設備の1つ。海上コンテナを船積、あるいは船から降ろされたコンテナをトレーラーに載せる施設。
コンベヤ
荷役機器の1つ。貨物を連続運搬する機械。動力があるものとないものとある。庫内作業では、コロコンベヤやベルトコンベアが多く利用されている。