1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2016年2月
  4. スキーバス事故で安全確保のチェック強化へ、トラックへも影響?

物流業界ニュース

スキーバス事故で安全確保のチェック強化へ、トラックへも影響?

国土交通省は29日、「軽井沢スキーバス事故対策検討委員会」を開催、安全確保のためのチェックの強化策などを検討する。15日に長野県軽井沢町で発生したスキーバス事故を踏まえ、再発防止策について検討するもの。

規制緩和後の貸切バス事業者の大幅な増加と監査要員体制、人口減少・高齢化に伴うバス運転手の不足等の構造的な問題を踏まえつつ(1)事業参入の際の安全確保に関するチェックの強化(2)監査の実効性の向上(事業参入後の安全確保についてのチェックの強化)(3)運転者の運転技術のチェックの強化(4)運賃制度の遵守等、旅行業者を含めた安全確保のための対策の強化(5)衝突被害軽減ブレーキ等、ハード面での安全対策の強化―などについて検討するとしている。

事業者の大幅な増加、運転手の不足などはトラック運送業界と共通しているため、参入時や参入後のチェック強化などは今後、トラック運送業界への影響も考えられそうで、ある大手トラックのトップは「あの事故を受けて、高齢ドライバーや深夜運行などの実態に関して社内で改めて実態を把握するように指示を出した」としている。

カーゴニュース 1月28日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。