1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2016年2月
  4. 12月のドライバーの求人倍率は7ヵ月連続上昇で2.24倍に

物流業界ニュース

12月のドライバーの求人倍率は7ヵ月連続上昇で2.24倍に

全体でも12月の完全失業者数は204万人と67ヵ月連続の減少

厚生労働省はこのほど、一般職業紹介状況の12月分を発表した。

これによると自動車運転者の有効求人者数は11月と比べて3651人減の7万6879人となったが、有効求職者数は同2785人減の3万2732人と減った(常用でパート除く)。

求人数も減ったが、休職者がより多く減ったことから、有効求人倍率は0.8ポイント増の2.24倍となった。自動車運転者の有効求人倍率は3月の1.96倍をピークに4月と5月は1.87倍と落ち込んだが、6月は1.92倍、7月は1.95倍、8月は1.99倍、9月は2.03、10月は2.06倍、11月は2.16倍と上昇してきている。

また、12月におけるドライバーの新規求人倍率も11月と比べて0.17ポイント増の2.93倍となった。11月の有効求人倍率も1.25倍と23年10カ月ぶり高水準となったばかり。全体の有効求人倍率は前月より0.02ポイント増の1.27倍で、24年ぶりの高水準となった。全体でも仕事を探す求職者が減っている一方で求人は増えていた。

これらは公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめたもの。

15年(暦年)の有効求人倍率は1.20倍と、前年を0.11ポイント上回り、91年以来、24年ぶりの高水準となった。

総務省が発表した12月の完全失業者数も204万人と前年同月に比べ6万人減少。こちらも67ヵ月連続の減少となっており、年間の完全失業率は3.4%と97年以来、18年ぶりの低い水準となっている。

グラフは以下から

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000110117.html

カーゴニュース 2月4日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。