1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2016年2月
  4. 運賃指数は4ヵ月連続で前年同月を下回る 全ト協

物流業界ニュース

運賃指数は4ヵ月連続で前年同月を下回る 全ト協

全日本トラック協会(星野良三会長)は8日、「求荷求車情報ネットワーク(WebKIT)の1月分の成約運賃指数を発表した。この指数は2010年4月を100としたもの。

これによると1月の運賃指数は、前月比6ポイント減の115となり、前年同月と比べても、1ポイント減少している。

全ト協では「前年同月と比べ1ポイント減少したものの、1月としては、調査開始以来2番目に高い指数となった」としている。しかし、これで前年同月を割り込んだのは4ヵ月連続となった。

1月の荷物情報(求車)件数は、7万4387件と同3258件、4.6%増となった。加入者数(ID数)の増加とともに、登録件数も増加してきた、と分析している。

運賃指数は年度を通した数字をみても、12年度の103.5、13年度の110.1、14年度の113.2と増加してきたが、15年度に入ってからは11月まで14年度の113.2を下回っていた。

12月にはいったん横ばい水準まで戻したが、1月になって、再び113.0と14年度を下回っている。

年度末の3月の数字によって、運賃指数が3年連続アップとなるかに注目が集まってきそうだ。

カーゴニュース 2月16日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。