1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2016年5月
  4. 「全日本物流改善事例大会2016」開催【JILS/JLRS】

物流業界ニュース(物流/運送情報)

「全日本物流改善事例大会2016」開催 JILS/JLRS

大会1日目は13件の事例紹介、2日目は5月27日開催

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)と日本ロジスティクス研究会(JLRS、早川哲志会長)は21日、東京・江東区有明の東京ファッションタウンビルで「全日本物流改善事例大会2016」(実行委員長・渡邉一衛成蹊大学名誉教授)を開催した。

同大会では各地の企業によるさまざまな物流改善活動から、意欲的な取り組みを相互に発表し、情報交換や物流合理化のためのヒントの共有につなげていくことが目的となっている。昨年同様今年も2日間にわたって開催され、次回は5月27日に開催。

大会1日目となる21日は午前10時から開始。参加企業は88社、参加者は211名となった。当日発表を行った企業と事例紹介は次のとおり。

日本ロジテム「5S強化で現場改革」。コクヨロジテム「自動倉庫の保管効率20%向上を目指す」。富士物流「梱包資材JIT投入方法変更による顧客満足度の向上」。リコーロジスティクス「流通加工業務プロセスの標準化によるマルチスキル化と業務効率化」。アドバンスト・ロジスティクス・ソリューションズ「ピッキング業務のムダ取り改善と安全確保」。日本通運「梱包資材の見直しによる3Rへの取り組みと作業生産性の向上」。本田技研工業「製造品質管理手法を用いた出荷保証の確立」。高砂倉庫「配送助手の適正配置によるコストダウン〜天神・博多地区のスリーマン社量削減〜」。東芝ロジスティクス「輸出入間接業務の事務効率改善」。シンクラン「誰でもできる仕組み作りによる業務効率向上」。スバルロジスティクス「CSアンケート実施による物流サービス向上の取り組み」。STARLECS「物流品質のKPI管理による物流環境改善」。コクヨサプライロジスティクス「サプライチェーン密着による改善活動」。

大会2日目は5月19日の開催で、定員は250名。問い合わせなどは、JILS事務局まで。

電話03(3436)3191/FAX03(3436)3190

http://www.logistics.or.jp

カーゴニュース 4月26日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。