1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2016年6月
  4. 【話題】危険物等事故防止対策情報連絡会委員に人間工学の専門家を追加

物流業界ニュース(物流/運送情報)

話題危険物等事故防止対策情報連絡会委員に人間工学の専門家を追加

消防庁では2016年度から、危険物等事故防止対策情報連絡会の委員に人間工学の専門家を追加する。「危険物事故防止に関する基本方針」に基づき取り組みを継続してきたが、現状では「事故の件数および被害を1994年頃のレベル以下に減らす」という目標が達成できていないため。「危険物等に係る重大事故の発生を防止すること」を目標とし、関係業界団体は所管する業会等の業態・実態に応じた事故防止対策を推進。重大事故が発生していない場合でも、軽微な事故の発生を防止する方策を検討する。

1994年〜2015年の軽微な火災および流出事故の詳細分析、14、15年に重大事故が発生した事業所への聞き取り調査の結果を踏まえ、「ヒューマンエラーが発生しても重大事故を発生させない『フェイルセーフ』を志向した対策」「危険物施設における危険物以外の火災の防止策」「作業方法の変更があった場合のリスクアセスメント」「一般取扱所における設備の老朽化対策、従業員への作業手順の指示の徹底」を危険物に係る事故防止に向けて提案している。

カーゴニュース 5月31日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。