1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2016年8月
  4. 【三菱倉庫】インドネシアに新拠点、食品など国内消費向けサービス強化

物流業界ニュース(物流/運送情報)

三菱倉庫 インドネシアに新拠点、食品など国内消費向けサービス強化

三菱倉庫(本社・東京都中央区、松井明生社長)は17日、現地法人のインドネシア三菱倉庫が、ジャカルタ市郊外の西ジャワ州ブカシ県で物流用地の使用権を取得し、配送センターを建設すると発表した。新配送センターは延床面積1万8000平方メートルの規模で、一般保管スペースに加えて定温庫や保冷庫を備え、食品などの温度管理物流にも対応可能。10月に着工し、来年7月に竣工予定。物流需要の推移等に応じ、第2期棟の建設を検討していく。

インドネシアでは国内消費の拡大が進んでいることを受け、新センターでは国内消費向けの物流サービスに焦点を当てる。温度管理が必要な食品の取扱いが可能な定温・保冷庫を設置するほか、食品加工が可能な「多用途フロア」も設ける。
新センターを建設するMM2100工業団地は、ジャカルタ中心部にも近い場所に立地。敷地面積約16万9800平方メートル、施設の約1万8000平方メートルで、このうち定温庫3700平方メートル、保冷庫1700平方メートル、多用途フロア1000平方メートル。太陽光発電やLED照明、非常用発電設備も備えた「詐害に強いECO倉庫」となる。

インドネシア三菱倉庫は93年の設立で、ジャカルタ市西側のバンテン州にあるタンゲラン倉庫で保管を中心とする物流サービスを提供してきた。また、14年には現地企業との合弁で設立した「P.T. DIA−JAYA FORWARDING INDONESIA」が輸出入の一貫物流サービスを展開中。三菱倉庫グループではASEAN最大の人口と経済規模を有し、今後も経済成長が見込まれる同国でのロジスティクス事業の拡充に注力していく。

カーゴニュース 8月23日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。