1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2016年9月
  4. 【国交省/厚労省】相互通報制度の対象に健診未受診を追加

物流業界ニュース(物流/運送情報)

国交省/厚労省 相互通報制度の対象に健診未受診を追加

 トラックなど事業用自動車、過労運転防止に向け連携をさらに強化

国土交通省は8日、厚生労働省との間で実施している事業用自動車の法令違反に関する「相互通報制度」の対象に、労働安全衛生法に基づく健康診断の未受診に関する事項を追加した。バス・トラックなど自動車運送事業で深刻化している過労運転の防止に向け、両省の連携を強化したもの。

相互通報制度は、国交省の監査や厚労省の監督で過労運転の確認を行った際、道路運送法、貨物自動車運送事業法、労働関係法に関する重大な違反事実が確認された場合、その内容を相互に通報する制度。

なお、2015年度の相互通報制度に基づく運輸局等から労働基準監督機関への通報件数は364件、労働基準監督機関から運輸局等への通報受理件数は786件となっている。

今回の対象追加で通報件数が増加することも予想される。

カーゴニュース 8月25日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。