1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2016年9月
  4. 【経産省】ベトナム、ミャンマーと局長級の流通、物流政策対話

物流業界ニュース(物流/運送情報)

経産省 ベトナム、ミャンマーと局長級の流通、物流政策対話

経済産業省は8月30、31日にベトナム・ハノイでベトナム商工省と第5回「日本ベトナム流通・物流政策対話」(局長級)を、9月1日にミャンマー・ネーピードーでミャンマー商業省と第2回「日本ミャンマー流通政策対話(局長級)」を開催する。流通分野における2国のさらなる発展と関係強化を目指す。

2011年10月、経産省はベトナム商工省との間で、「日本ベトナム流通・物流政策対話設置に関する覚書」を締結。これに基づき、12年12月に第1回目、13年11月に第2回目、14年9月に第3回目、15年3月に第4回目の対話を開催した。

「対話」は、「政府間対話」と「官民フォーラム」で構成されており、日系流通事業者がベトナムで事業を展開する際に障害となっている外資規制などについて議論する予定。

また、我が国は、ミャンマーと良好な経済関係を構築しており、日系の流通事業者は、拡大が続く同国の小売市場に高い関心を有する。しかし、日系の流通事業者は、現地で事業を展開する際、外資規制や曖昧な制度運用などの課題に直面。このような状況を受け、14年9月、第1回「日本ミャンマー流通政策対話」を開催。

第2回「日本ミャンマー流通政策対話」では、第1回に引き続き、外資規制について議論する予定となっている。

カーゴニュース 8月25日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。