1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2017年2月
  4. 【三菱倉庫】神戸市須磨区に6万uの大型配送センター

物流業界ニュース(物流/運送情報)

三菱倉庫 神戸市須磨区に6万uの大型配送センター

 18年3月完成、医薬品・食品などの西日本エリアの拠点に

三菱倉庫(本社・東京都中央区、松井明生社長)は7日、神戸市須磨区で延床面積6万平方メートルの大型拠点「西神配送センター」の建設に着手した。医薬品、食品、日用品の取扱いに対応した拠点で、西日本地区の広域拠点としての活用が可能。竣工は2018年3月の予定。

西神配送センター(神戸市須磨区弥栄台4の4の1)は、神戸淡路鳴門自動車道の布施畑ICに隣接しており、西日本の配送拠点として最適な立地にある。建物は4階建て・延床面積6万500平方メートルで、ランプウェイを設けることで貨物の多頻度出荷に対応。また、免震構造の採用に加え、非常用発電機や太陽光発電設備の設置、全館LED照明を採用により「災害に強いエコ倉庫」となっている。設計施工費は約83億円。

<三菱倉庫ニュースリリース>

http://www.mitsubishi-logistics.co.jp/news/170207.html

カーゴニュース 2月14日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。