1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2017年2月
  4. 【国交省】健康管理・労務管理による事故防止セミナーを開催

物流業界ニュース(物流/運送情報)

国交省 健康管理・労務管理による事故防止セミナーを開催

国土交通省は21日、「プロドライバーの健康管理・労務管理の向上による事故防止に関するセミナー」を東京都港区のTKP新橋カンファレンスセンターで開催する。

同セミナーは、事業用自動車の運転者の健康や過労に起因する事故防止を目的としたもので、各種スクリーニング検査の受診や、デジタル式運行記録計を活用した労務管理の取り組み等の事例を紹介する内容。

プログラムは、大原記念労働科学研究所の酒井一博所長による基調講演「健康起因事故・過労運転起因事故を防ぐための労務管理について」と、健康管理・労務管理による事故防止の取り組みの紹介の2部構成。

事故防止の取り組み紹介の内容(予定)は、(1)健康や過労に起因する事故の削減に向けた取り組みについて、(2)スクリーニング検査の受診に関する取り組みについて、(3)デジタル式運行記録計を活用した健康管理・労務管理に関する取り組みについて、(4)デジタル式運行記録計を活用した運行管理の活用事例、(5)運転者の安全運転を促すテレマティクスを活用した保険サービス――となっている。

日時:2月21日、13時〜16時(受付開始は12時30分〜)。場所:TKP新橋カンファレンスセンター(東京都港区西新橋1―15―1大手町建物田村町ビル2F)。参加費無料。定員200名(先着順)で事前申込が必要。問合せ・申込先は「プロドライバー健康・労務管理セミナー事務局」(電話03―5288―6583)
e-mail:seminar.mlit@tokiorisk.co.jp

カーゴニュース 2月14日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。