1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2017年5月
  4. 物流の課題解決とシステムの強化・高度化へ

物流業界ニュース(物流/運送情報)

物流の課題解決とシステムの強化・高度化へ

 第4回「物流施策大綱」検討会を開催 国交省

国土交通省は20日、「総合物流施策大綱に関する有識者検討会」(野尻俊明座長・流通経済大学学長)の第4回会合を開催した。今回は今後の物流施策が目指すべき方向として、現在のわが国の物流システムを維持・確保するとともに国内外でのサプライチェーン高度化を目指す方針を新大綱に盛り込む考えが示された。

方針に沿った物流施策については、3つのテーマにより方向性を示し、具体的な取り組みを掲げていく考えが提示された。柱となる3つのテーマは、(1)産業活動と国民生活を支えるために必要な物流システムの維持・確保、(2)物流システムの強化・高度化、(3)物流システムをとりまくリスクや地球環境問題への対応――など。各テーマとそれに付随する課題および対応の方向性は〈表〉の通り。

また、新大綱策定の意義についての議論も行った。現在の物流は、労働人口の減少やEC市場の拡大による荷物の小口化・多頻度化などによる輸送需給のアンバランスなどにより危機的状況にあるとの認識が共有された。

その上で、物流事業者、荷主、消費者を含めた国民全体でわが国の高度な物流システムを維持・確保し、今後も有効に機能を発揮させるための施策が必要だとした。また、大規模災害やテロなどによるリスクや地球規模の環境問題へ対応が迫られると指摘した。これらを踏まえ、新大綱では、中長期的ビジョンにもとづいた物流施策の指針を示すことで、関係省庁の連携により総合的・一体的な推進を図る考え。

次回(第5回)の検討会では、新大綱のもととなる提言案を議論し、第6回で提言をとりまとめる。

カーゴニュース 4月25日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。