1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2017年5月
  4. 【三菱倉庫】大阪・茨木に医薬品専用「茨木4号配送センター」着工

物流業界ニュース(物流/運送情報)

三菱倉庫 大阪・茨木に医薬品専用「茨木4号配送センター」着工

 18年7月竣工、保冷配送などGDP対応の高品質サービスを提供

三菱倉庫(本社・東京都中央区、松井明生社長)はこのほど、大阪府茨木市で医薬品専用倉庫「茨木4号配送センター」の建設に着手した。同社の西日本地区における医薬品配送センターの集積地である茨木地区に新たな専用拠点を稼働させることで、医薬品物流の保管・配送機能を強化する。竣工は2018年7月の予定で、総投資額は約51億円。

「茨木4号配送センター」(茨木市下井町)は地上5階建て・延床面積約2万3500平方メートルで、別棟に約490平方メートルの危険品倉庫も併設する。名神高速・茨木ICの至近に立地し、西日本向けの医薬品広域拠点として最適な立地にある。

施設は免震構造を採用するほか、非常発電機、地中燃料タンクも設置し、災害等による停電にも備えている。さらに太陽光発電設備や高効率空調設備、全館LED照明も採用し、「災害に強いエコ倉庫」となっている。

また、医薬品専門の運送子会社「DPネットワーク」とともに展開しているGDP対応の医薬品保冷配送サービス「DP−Cool」の配送中継ターミナル(ドックシェルターに直結した保冷荷捌場)を設置し、PICS/GDPガイドラインに準拠した高品質な医薬品物流サービスを提供していく。

カーゴニュース 5月11日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。