1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2017年6月
  4. 国交省 荷待ち時間の記録を義務化

物流業界ニュース(物流/運送情報)

国交省 荷待ち時間の記録を義務化

 記録データは荷主勧告の判断材料

国土交通省は5月31日、貨物自動車運送事業輸送安全規則を一部改正し、トラックドライバーの荷待ち時間の記録を義務付けた。トラック業界の長時間労働抑制を目的としたもので、7月1日から施行する。

今回の改正では、荷主の都合により待機した場合、待機場所、到着・出発時間、荷積み・荷卸し時間を乗務記録の記載対象として追加した。

ドライバーの長時間労働を是正するため、荷主都合による荷待ち時間などの削減が急務となっている現状を踏まえ、国交省は、荷待ち時間等の実態を把握したデータに基づき、荷主の協力による改善への取り組みを促進する。また、荷待ち時間を生じさせている荷主に対して勧告を行うための判断材料とする。

今回の改正では、車両総重量8t以上または最大積載量5t以上のトラックに乗務した場合、ドライバーごとに、(1)集荷または配達を行った地点、(2)集荷地点に到着した日時、(3)集荷地点での荷積み・荷卸しの開始・終了日時――を記録し、1年間の保存を義務付けた。

また、荷主の都合による待機について、ドライバーの過労運転につながるおそれがあるため、輸送の安全を阻害する行為の例として加えた。

カーゴニュース 6月6日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。