1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2017年7月
  4. 国交省 改正物効法の補助事業公募

物流業界ニュース(物流/運送情報)

国交省 改正物効法の補助事業公募

 Mシフト、幹線輸送網集約を支援

国土交通省は、2017年度のモーダルシフト補助事業の第1次公募を開始した。改正物流総合効率化法に基づく総合効率化計画策定のための調査事業と同計画に基づき実施されるモーダルシフト推進事業などの実施事業に対する補助を行うもので、今年度予算は4000万円。応募は7月21日17時までで、補助対象事業者の認定は8月後半の予定。

補助の対象となる事業者は、荷主と物流事業者など関係者によって構成される協議会。補助経費は、計画策定事業に対しては上限200万円の定額、モーダルシフト推進事業・幹線輸送網集約化推進事業については上限500万円で経費の最大2分の1。

補助対象となる期間は、総合効率化計画策定事業は交付決定日から来年2月28日まで。モーダルシフト推進事業・幹線輸送網集約化推進事業は8月1日から来年2月28日まで。

 応募方法は国交省Webサイトから必要書類をダウンロードし、最寄りの地方運輸局などへ提出する。

カーゴニュース 6月22日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。