1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2017年7月
  4. BCP策定、運輸・倉庫は17%

物流業界ニュース(物流/運送情報)

BCP策定、運輸・倉庫は17%

 帝国データ調査

帝国データバンク(TDB)では、事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査をまとめた。「運輸・倉庫」はBCPを策定している割合が17.6%で、「金融」「農林水産」「サービス」に続き4番目に高かった。

なお、BCPの策定状況は「策定している」企業が14.3%にとどまり、「現在、策定中」「策定を検討している」を合わせても半数満たない。策定しているのは「金融」が43.8%で最も高く、「不動産」は9.5%で最も低い。

策定しない理由は「策定に必要なスキル・ノウハウがない」が45.1%でトップ。「策定する人材を確保できない」が30.3%、「書類作りで終わってしまい、実践的に使える計画にすることが難しい」が25.7%だった。

なお、同調査は2016年6月調査に続く2回目。調査期間は5月18〜31日、調査対象は全国2万3983社で回答率は42.3%だった。

カーゴニュース 6月27日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。