1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2017年7月
  4. 【経産省/国交省】荷主連携の省エネ事業を補助

物流業界ニュース(物流/運送情報)

経産省/国交省 荷主連携の省エネ事業を補助

 荷待ち時間短縮、輸送効率化へ

経済産業省資源エネルギー庁と国土交通省自動車局は6日、車両動態管理システムの導入により荷主と連携の取り組みを行う事業者に対する補助事業を実施するため公募を開始した。

補助対象となるのは、GPS位置情報取得とデジタコ機能を持つ車載機による車両動態管理システムを活用して行う荷主との連携事業。荷待ち時間の短縮や遅延の解消をはじめ、輸送の効率化を促進することを目的としている。同事業は経産省エネルギー庁の2017年度「トラック・船舶等の運輸部門における省エネルギー対策事業費補助金」によるもので公募予算総額は約38億円。

申請の受付期間は7月24日〜8月7日。同事業の執行団体・パシフィックコンサルタンツに申請する。詳細は同団体のホームページを参照。

http://www.pacific-hojo.jp

カーゴニュース 7月13日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。