1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2017年9月
  4. 全ト協 自動重量計測装置で検証実験

物流業界ニュース(物流/運送情報)

全ト協 自動重量計測装置で検証実験

 積み方の違いで軸重超過?

全日本トラック協会(坂本克己会長)は12日、自動重量計測装置を用いた軸重の計測にかかる検証実験を東北地方整備局の協力で行った。車両総重量は超過していなくても貨物の積み方等の条件の違いによって軸重超過となる可能性について検証するため、実際に道路に設置されている自動重量計測装置等を用いた実験を行ったもの。

実験場所は秋田県内の自動重量計測装置等を設置している路線で、具体的な箇所は非公表。荷物の積み方を変えた数パターンの条件の車両を走行させ、偏った積み方をした場合に軸重超過となる可能性を測定データにより検証。軸重超過が確認された場合、荷主およびトラック運送事業者への注意喚起や理解促進のあり方について検討する。

高速道路6社は4月から、車両制限令違反車に対し大口・多頻度割引停止措置等を見直し、軸重超過に対する違反点数が設定された。ただ、高速道路に設置されている自動軸重計測は不可抗力で実際の軸重より重く計測されたり、荷主やトラック業者が運行前に軸重を確認することが困難な状況にあるといった課題も指摘されている。

カーゴニュース 9月14日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。