1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2018年1月
  4. 新・物流大綱の推進プログラム

物流業界ニュース(物流/運送情報)

新・物流大綱の推進プログラム

 今月中にも局長級会議で決定へ

国土交通省など物流関係省庁は、昨年7月に閣議決定した新・総合物流施策大綱にもとづく推進プログラムを近く決定する。1月中に開催する局長級の連絡会議を開き、プログラムをまとめる予定。年末に会見した国交省の重田雅史物流審議官は「我々がやりたいのは構造問題としての人手不足、労働力デフレをどう乗り切り、乗り切ったあかつきに強い物流≠構築していくこと。推進プログラムはそのための政策手段」と述べた。

プログラムは、昨年末に公表された前物流大綱についての政策評価レビューを踏まえた形で策定する。「前大綱は今年度(2017年度)を目標としていたが、12月22日に公表された政策レビュー評価では、KPIとしての数値目標が足りない、達成困難なものもあるとの意見をいただいた。新プログラムはそうした指摘を踏まえて策定していきたい。来年度予算案も決定したので裏付けもできた。それを反映した形で1月中にまとめたい」(重田氏)とした。

推進プログラムはPDCAの管理対象となる施策は100を超える見通し。「石井国交大臣は18年を生産性革命深化≠フ年と位置付けている。プログラムをもとに物流生産性革命を本格的に進めたい」と述べた。

カーゴニュース 1月18日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。