1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2018年2月
  4. 国交省/経産省 隊列走行の実証実験を実施

物流業界ニュース(物流/運送情報)

国交省/経産省 隊列走行の実証実験を実施

 22年に後続無人車両での事業化へ

国土交通省と経済産業省は23〜25日の3日間、静岡県の新東名高速道路で3台のトラックが一定の車間距離を自動で保持しながら走行する隊列走行の実証実験を実施した。

石井啓一国交大臣は23日に会見を開き、「先頭車両のみが有人で、後続車両が無人のトラック隊列走行は、ドライバー不足の解消や隊列を組むことで燃費が改善するなど、物流生産性向上に大きな効果が期待されている。この形での隊列走行を2020年に新東名高速道路で実現し、早ければ22年に事業化することを政府目標としている」と説明。「まずは後続車両が有人の隊列走行を本日から開始した。今回の実験ではトラック隊列が周辺走行車両のドライバーからどのように認識されるか(被視認性・印象など)、周辺走行車両の挙動にどのように影響を及ぼすか(追い越しなど)について検証を行う。実験結果を踏まえ、安全確保を前提としながら、関係省庁と連携し、隊列走行の実現に向けた取り組みを進めていく」と表明した。

実験は新東名高速道路・浜松SA(浜松市)から約15q離れた遠州森町PAの間で実施された。3台のトラックにはそれぞれドライバーが乗車し、ハンドル操作を行いながら、時速80qで走行した。

車間距離を一定に保つ協調型車間距離維持支援システム(CACC)を活用し、車両同士での加速・減速情報を通信で交換し、センサーで前を走る車両との距離を測定することで、一定距離を維持した。

今回の実験には、日野自動車、いすゞ自動車、三菱ふそうトラック・バス、UDトラックスの4社が参加。各社共同で異なるトラックメーカーでも隊列走行を可能とする通信技術を開発した。メーカーの異なるトラックが参加する公道での実証実験は世界初となる。

カーゴニュース 1月30日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。