1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2018年3月
  4. 消防庁 「目標時間算出シート」を作成

物流業界ニュース(物流/運送情報)

消防庁 「目標時間算出シート」を作成

 大規模倉庫の消防訓練で活用

消防庁では大規模倉庫における消防訓練の「目標時間算出シート」を作成した。火災発生時には、建物内(防火区画内)が危険な状態になるまでの間に、火災の覚知、現場の確認、119番通報、初期消火、避難等の一連の初動対応を行う必要があるが、同シートを利用することで、大規模倉庫における消防訓練の実施にあたり、これら一連の初動対応を完了するまでの目標時間を、出火区画および隣接区画の面積、天井高さに応じ、簡易に算出できる。

具体的には、訓練の実施にあたり、倉庫内の1の区画を出火区画として設定。出火区画と隣接する区画が複数ある場合は、最も面積の小さい区画を隣接区画として選択する。出火区画および隣接区画の天井高さに応じた「目標時間算出シート」を選択し、選択したシート上で、出火区画および隣接区画の面積に応じた「目標時間」を確認。当該時間までに初動対応を完了することを目標として訓練を実施する。結果、初動対応を完了するまでの時間が「目標時間」を超過した場合は、必要な改善を行う。

カーゴニュース 3月15日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。