1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2018年4月
  4. 内航の12月の輸送量 全体で3%減、原油、石炭が減少

物流業界ニュース(物流/運送情報)

内航の12月輸送量 全体で3%減、原油、石炭が減少

国土交通省は15日、2017年12月の内航船舶の輸送量を発表した。それによると、総輸送量は3110万7000t(対前年同月比3.1%減)、156億3300万トンキロ(対前年同月比1.2%減)だった。品目では原油、石炭などエネルギー関連貨物の減少が目立った。

貨物船は1811万4000t(1.4%減)、93億1396万8000トンキロ(2.0%増)となった。貨物線のうち、コンテナ扱いの輸送量は156万7000t(18.5%減)、シャーシ扱いは46万9000t(20.4%減)だった。

油送船の輸送量は1103万t(3.4%減)、59億2746万8000トンキロ(4.8%減)だった。

主要10品目の前年同月比をみると、輸送量では原油、石炭、砂利・砂・石材などが減少した。トンベースでみると、砂利・砂・石材8.2%減、石灰石が前年並み、セメント3.2%減、鉄鋼14.6%増、石炭15.7%減、原油20.0%減、重油8.3%増、揮発油2.9%増、その他の石油及び石油製品3.7%減、化学薬品4.3%減だった。

トンキロベースでは、鉄鋼と重油の増加が増加。一方、原油の減少が目立った。砂利・砂・石材5.2%減、石灰石6.1%増、セメント2.3%減、鉄鋼20.5%増、石炭0.5%増、原油24.6%減、重油16.1%増、揮発油4.1%増、その他の石油および石油製品4.7%減、化学薬品1.5%減だった。

カーゴニュース 3月22日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。