1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2018年4月
  4. 【運行管理者試験】年間合格者数が2万人台を回復

物流業界ニュース(物流/運送情報)

運行管理者試験年間合格者数が2万人台を回復

3月の試験は合格者数、合格率とも前年同期上回る

 運行管理者試験センター(永井正夫会長)は3日、3月に実施した2017年度第2回運行管理者試験の合格発表を行った。

貨物部門(トラック)は、2万9063人が受験し、9605人が合格、合格率は33.0%だった。合格者数、合格率とも第1回試験(17年8月実施)を下回ったものの、1年前の16年度第2回試験(17年3月実施)との比較では、合格者数は3536人上回り、合格率は12.5ポイント上昇した。これで17年度の年間合格者数は2万2843人となり、11年度以来6年ぶりに2万人台を回復した。

試験会場別合格率は、秋田の56.8%が最も高く、次いで山形の44.1%、大分の43.1%、青森の42.8%、宮崎の39.8%と続いた。

次回(18年度第1回)の試験は18年8月26日に実施予定。5月18日から受験申請書の頒布が始まり、申請期間は、書面での申請が5月18日から6月8日まで、インターネットによる申請は5月18日から6月19日まで、申請者に代わってインターネット申請を行うサービスの「おまかせ申請」は4月16日から6月14日まで。

カーゴニュース 4月5日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。