1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2018年4月
  4. 成約運賃、3月は増税前水準 全ト協/日貨協連

物流業界ニュース(物流/運送情報)

成約運賃、3月は増税前水準 全ト協/日貨協連

全日本トラック協会(坂本克己会長)と日本貨物運送協同組合連合会(吉野雅山会長)は、求荷求車ネットワーク「WebKIT」の3月分の成約運賃指数を発表した。この指数は2010年4月を100としたもの。3月の運賃指数は前月比4ポイント増、前年同月比6ポイント増の126となった。3月としては消費税増税前の2014年3月と並び最も高い数値となった。

3月末現在の求車登録件数は、18万315と前年同月比3万5457件増(24.5%増)と大幅に伸びた。

2017年度は例年と同様に上昇傾向を辿ったが、特に年度後半は高水準を維持。トラック運送業界では昨今の大幅なドライバー不足と労働時間短縮などの対応に追われる中で、輸送供給力不足する傾向が年々高まっており、荷物情報(求車)が車両情報(求荷)を大幅に上回る状況が続いている。

17年度の成約運賃指数をみると、「115.3」で前年度比3.6ポイント上昇。荷物重量別では、「荷物重量4トン以下」の指数は「119.6」で前年度から3.9ポイント上昇。「荷物重量4トン超」の指数は「115.0」で、前年度から3.4ポイント上昇した。

カーゴニュース 4月10日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。