1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2018年5月
  4. 運輸労連 賃上げ20年ぶりの高水準に

物流業界ニュース(物流/運送情報)

運輸労連 賃上げ20年ぶりの高水準に

18春闘、単純平均で前年比798円増

運輸労連(難波淳介委員長)がまとめた春闘賃上げ解決状況(13日現在)によると、解決済み180単組の解決額は単純平均で2720円となり、前年実績を798円上回った。。

解決額の平均が2000円を超えるのは1998年以来、20年ぶりとなる。

このうち、解決済み大手単組(13単組)の解決額は4389円で、前年実績を1006円上回った。また、大手を除く全国9ブロックの平均は2587円で、前年実績を716円上回った。

一方、夏季一時金の解決済み101単組の状況は、単純平均30万6313円で、前年実績を7万1295円上回った。このうち大手単組(12単組)は44万7124円で、1万747円増。大手を除く全国9ブロックの平均は28万7593円で、6万602円増となっている。

カーゴニュース4月19日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。