1. 【富士物流TOP】
  2. 物流業界ニュース
  3. 2018年6月
  4. 国交省 指導・監督マニュアルを改正

物流業界ニュース(物流/運送情報)

国交省 指導・監督マニュアルを改正

睡眠不足による事故対策を強化

 国土交通省は1日、睡眠不足に起因する事故防止を強化するため、「自動車運送事業者が運転者に対して行う指導及び監督の指針」(告示)を改正し、睡眠不足起因事故を防止する内容を追加した。また、この指針を具体的に実施する際の手引き書となる「自動車運送事業者が運転者に対して行う一般的な指導及び監督の実施マニュアル」についても、指針の改正内容を盛り込んだ改正を行った。新たに事業者がドライバーを乗務させてはならない事由として、睡眠不足を明記した。点呼の際には睡眠不足により安全な運転ができないおそれの有無を確認することとし、点呼の記録事項にも睡眠不足を追加した。

「指導及び監督の実施マニュアル」には、過労や睡眠不足が事故の原因となることを記載し、事業者に対し、良い睡眠をとることは事故防止に不可欠であることを過労による事故事例などを説明して指導し、ドライバーに徹底するように指示した。

改正後の告示とマニュアルは同省ホームページで閲覧することができる。また、マニュアルに併せ、睡眠不足対策の強化に関するQ&Aを作成し、HPに掲載した。

カーゴニュース6月7日号

powered by cargo news

富士物流は、物流・倉庫ソリューションの一括アウトソーシング(3PL)を実現します。