1. 【富士物流TOP】
  2. 物流サービス
  3. 配送・設置・保守一貫サービス
  4. 簡易保守サービス

簡易保守サービス

当社の簡易保守サービスは、全国の緊急配送サービスのインフラを活用して、配送ドライバーに専門性の高い技術教育を施した“ITドライバー”が、障害発生時にCE(カスタマーエンジニア)に代わって現地に駆付け、障害復旧に向けて簡易的な保守作業(機器の交換、設置、設定、動作確認、回収)を行うサービスです。ITドライバーが配送と保守作業を一本化して行うことで、間接的な手間やコストが削減できます。

また、緊急で現地へ駆け付ける「オンサイト保守」のほか、お客様の必要なタイミングで代替機を発送し故障機を送り返す「センドバック保守」、定期的なメンテナンスを行う「定期保守」をサービスメニューとして取り揃え、お客様のニーズにあったサービスを提供いたします。

ライフサイクルロジスティクス(LC-L)サービス

障害発生時、保守作業を行うCE(カスタマーエンジニア)と、保守(パーツ)部品を届ける配送車の2本立てで手配が必要となります。ITドライバーを起用することで手配が1本化し、間接的な手間やコストを削減でき、より効率的に保守を運用することができます。当社では、全国のITドライバーをコントロールセンタで一元管理しているため、全国を同じスキームで対応することができます。

オンサイト保守/センドバック保守の基本スキーム

簡易保守サービス事例(機器メーカーC社様)

LC-Lセンター 全国パーツセンター ITドライバー コントロールセンター Web管理システム

こんなことでお困りではありませんか?

「配送」と「作業員」を別々で手配管理している運用コストを何とかして抑えたい!
地域ごとに保守契約をしているが、個別の管理が煩わしくコストもかかるため改善したい!
全国を対象にワンストップで頼める保守サービス体制を構築したい!
24時間365日、全国を均一レベルで保守ができるパートナーを探している。

富士物流の保守サービスソリューション

当社独自の“ITドライバー”を活用したメリット
専門性の高い技術を修得した“ITドライバー”がCE(カスタマーエンジニア)に代わって機器の設定や設置、交換、回収などの簡易保守作業を行います。保守部品(代替機)を配送する「運送」と現地で復旧作業を行う「技術員」が一本化されることで、手配の手間やコストが削減でき、管理するための負荷も軽減することができます。

24時間365日体制のコントロールセンターでワンストップオーダー受付
情報を一元管理するコントロールセンターでは、オーダーの受付からエンドユーザー様との時間調整、作業の手配・進捗管理、完了報告まで、全国のお客様からのオーダーに対して24時間365日ワンストップで対応いたします。

リアルタイムで作業の見える化を実現
独自のWeb管理システムを通して、インターネット環境があれば場所を選ばずに、いつでもオーダーが可能です。また、リアルタイムで作業の進捗状況を逐次確認することができます。(Web管理システムの利用には、別途ユーザー登録が必要です)

サービス品質の維持・向上に向けた取組み
当社では、全国のサービスレベルを維持するために、ITドライバーをはじめ、コントロールセンターや倉庫管理者などの作業従事者に対し、専門的な知識はもちろんのこと、サービスマナーや情報セキュリティ教育を定期的に実施しており、日々、品質の維持・向上に向けた取り組みを行なっています。

※キッティングサービスのご利用は法人のお客様に限らせていただきます。

お問い合わせ

担当部署:ソリューション営業統括部 営業第二部

電話番号:03-4455-2091