1. 【富士物流TOP】
  2. 会社情報
  3. CSR推進のための取り組み
  4. コンプライアンス・企業倫理

コンプライアンス・企業倫理(富士物流グループ行動憲章)

健全な企業活動のために

富士物流グループは、高い倫理観や遵法精神を持って行動することが企業の社会的責任における基本であると考え、より一層の充実、強化を図っています。

そして、その実現のためには、社員ひとりひとりが、高い倫理観と正義感を持ち、実行に移さなければなりません。当社グループでは、「遵法」を旨とする「富士物流グループ行動憲章」を制定し、社員の行動指針として啓蒙活動を行っております。

富士物流グループ行動憲章

富士物流グループとその社員は、次の事項を遵守のうえ、企業として、そして企業人として、高い社会良識をもって行動します。

1使命の適切な遂行
心のこもったロジスティクスサービスのフロント・ランナーズとして、物流の使命を適切に果たします。
2法令等の遵守
職務の内外を問わず、法令、社内規則、商道徳その他社会のルールを遵守します。
3人の尊重
お客様、パートナー、社員、その他全ての人との関係において、基本的人権を尊重します。
4社会とのコミュニケーション
会社情報を正しく公開し、自らを取り巻く人々とコミュニケーションを適切に行ない、それらの人々との相互理解を深めます。
5反社会的勢力の排除
市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは一切の関係をもたず、これらの排除に努めます。
6環境保全
職務の内外を問わず、資源と自然を大切にし、環境の保全に貢献します。
7質の高いサービスの提供
蓄積したノウハウとまごころで、お客さまの多様なニーズにお応えし、質の高いロジスティクスサービスを提供します。
8財産・情報の管理
会社及びお客様の財産・情報を厳正に管理し、企業秘密を守ります。
9公私の区別
いかなるときも、業務上の立場や業務上知りえた情報を利用して、個人の利益を求めません。