1. 【富士物流TOP】
  2. 物流用語辞典

物流用語辞典

あ行

アーム
棚板を支える片持ち部材のこと。
アイテム
商品(品目)をさすことが多い。SKUと同意で用いる事も多いが、企業によっては商品のくくり(単位や色等は関係なく)使用するところもある。
アイドルタイム
ロス時間。作業時間の中で、作業員の指示待ち・機材の故障等で作業が止まっている時間帯。
アウトソーシング(outsourcing)
業務の一部を外部専門業者に委託すること。日本では物流分野の一括アウトソーシングはサードパーティロジスティクスと呼ばれている。
アソート/アソートメント
取りまとめ梱包。ピッキングした複数の商品を、まとめて梱包すること。
アンカー
固定ボルト。ラックを床に固定する部品のこと。
安全在庫
リードタイムを勘案し、在庫切れをおこさない在庫数。需要の繁簡に対応し、品切れ・欠品を防ぐサービス水準を維持する数量。
安全バー
移動ラックに取り付けられる安全装置のこと。 接触すると移動停止する装置が一般的。
安全ポール
フォークリフトなどによるラックの損傷を防ぐためのポールのこと。

このページの上部へ

移載装置
荷物を受け渡すための装置。フォークリフト・ベルトコンベア等の機器が代表的。
易損品
ガラス製品等の壊れやすい商品。
一括配送
共同配送。複数の荷主が配送便を共用して混載配送すること。
一貫物流サービス
荷主に対し、輸送、保管の機能だけでなく、総合的な物流のあらゆる機能を荷主に提供するサービス形態。
一期
保管期間の単位。1ヶ月を3つに分け、第一期は1日〜10日・第二期は11日〜20日・第三期は21日〜末日としている。
一般貨物
特殊貨物以外の、特別の荷扱いや積み付けを必要としない貨物の総称。
移動ラック
棚の1種。床面を棚が移動でき、保管時はラック間を密着させ保管面積が少なくてすむ。
インストアマーキング
独自に使用するソースマーク(バーコードラベル)のこと。使用範囲が限定されている。
イントラネット (intranet)
企業内ネットワークの中で、WWWサーバーやウェブ・ブラウザなどインターネット技術を活用したオープンな企業内コンピュータネットワーク。
インボイス
輸出入時に使用する送り状等のこと。出荷案内書・物品明細書・価格計算書・代金請求書をまとめた書類。
インランドデポ
港から離れた物流拠点。

このページの上部へ

ウィング車
トラックの荷役機器の1つ。バン型車輌の荷物室の側面から天井部分までを一体的に跳ね上げて、側面から積み下ろしを容易にする方式のトラック。フォークリフトによるパレット荷役が容易になる。
ウインチ
クレーン装置の1つ。巻上装置のことをいう。ウインチ操作レバーを操作するとモーターがドラムを回転させワイヤーを巻き下げする。
ウインチ付ヒンジドフォーク
フォークリフト形状の1つ。接近できない場所での荷の引き寄せや低い場所にある荷の引き上げ作業をウィンチにて処理可能。原木の運搬やダンピング作業や通常のパレット作業にも幅広く対応。

このページの上部へ

エアクッション
緩衝材の1つ。空気を入れたプラスチックフィルムなどを利用しての緩衝材。軽く、形も自在に出来る。利用時に空気を入れるものは、使用前の量を小さくできる。
エコマーク
エコロジーマークの通称。環境保全に役立つ商品にマークをつけ、消費者に推奨、普及させることで環境汚染の低減と環境保全意識の高揚を図っている。

このページの上部へ

オーダーエントリーシステム
発注情報登録システム。営業が受注した注文をキーボードで入力する方法、携帯情報端末を利用するEOS、注文を認識装置のOMR、OCRで読み取る方法などがある。
オーダーピッキング
伝票ピッキング。発注されたオーダー(伝票)単位にピッキングを行なう方法
オーバーハング
保管物が棚からはみ出している状態のこと。
オリコン
折り畳みコンテナのこと。オリコンは商標登録されている商品名。未使用時に収納スペースを縮小できる。