1. 【富士物流TOP】
  2. ソリューション事例
  3. 中国からの調達品を安定供給できる物流体制を構築したい

中国からの調達品を安定供給できる物流体制を構築したい

LEDの中国からの輸入と日本国内配送における導入事例

導入の背景

部品の生産拠点を中国に移したいが、リードタイムが長くなるため従来のような安定した供給体制が取れるか不安。
現在でも緊急出荷対応は発生しており、これが中国からの航空便となると費用も高額になるのでは。現地工場と約束した製品品質も心配。煩雑な作業を伴う輸出入まで管理できる体制を整えられない。というのが、担当者様の課題でした。

富士物流からのご提案

富士物流ではお客様のヒアリングと現場調査を行い、下記のサービスで中国からの調達品を安定供給できる物流体制の構築をご提案いたしました。
中国国内での保管、荷役、運送、検品の代行
輸出・輸入業務における長年の実績とノウハウ
中国内と日本国内とで同様のWMS導入によるデータ連携

中国での入荷から、日本の納品先まで、スケジュールを富士物流が管理いたします。

実施したサービスの概要

中国現地工場への商品引き取りから、日本の各納品先までの物流を一括してお引き受け

高度なスキルが必要な通関書類の作成、適切な輸送方法の立案と手配を、富士物流がお客様に代わって迅速に対応いたします。

中国国内での受入検査後に在庫を保管し、在庫状況を日本のお客様にご提供。

お客様の検査基準に合わせた製品検査を検査専用室で行い、不良品の輸入の防止が可能になりました。
(LEDのほか、雑貨、ガラス製品等、多数の実績がございます。)

輸出通関時に到着予定をお客様にご連絡

中国工場と連携を取り、出荷から日本の各配送先への納品までのスケジュール管理を代行いたしました。

移送中の在庫も日本への入荷予定在庫として国内WMSに反映し把握が可能

日本国内の拠点では、在庫数・出荷予定・入荷予定を加味した欠品予測プログラムを運用し、欠品予測をお客様にご提供

お客様は欠品予測日を確認しながら発注業務ができ、在庫削減と欠品防止の両立が可能になりました。また、入荷予定在庫が把握できているため、急な出荷依頼に対する海外からの緊急配送を抑えることもできます。
(自動車部品の欠品予測に対応した実績もございます)

導入による効果

中国内での製品検査により、日本国内検査と比べ人的コスト約50%削減

不良品の輸送コストおよび返品、廃却というムダ手間を排除

移送中の在庫を見える化し、欠品の不安が解消されたため、国内在庫の増加を抑制。キャッシュフロー悪化要因の抑止

人的コスト50%ダウン

ソリューション事例の一覧へ

お問い合わせ

担当部署:ソリューション営業統括部 営業第二部

電話番号:03-4455-2092