1. 【富士物流TOP】
  2. ソリューション事例
  3. 工場・事業所隣接倉庫の管理精度向上と同倉庫を中心とした物流全体改善

工場・事業所隣接倉庫の管理精度向上と同倉庫を中心とした物流全体改善

日用品の物流における導入事例

導入の背景

基幹倉庫の物流機能を強化し、国内外の物流全体の最適化とレベルアップを図りたい。
自社で所有し運営している工場・事業所の隣接倉庫について、お客様は様々な面から物流機能・体制の強化の必要性を感じていました。具体的には、以下のような課題がありました。

入出荷作業および在庫管理のレベルアップ

販売体制の拡大および物量拡大に対応できる物流体制構築

自社所有倉庫を含む国内外の複数の倉庫(物流センター)の情報一元化

トータルコスト削減

富士物流からのご提案

富士物流ではお客様の課題や問題点のヒアリングと現場調査を行い、下記のサービスをご提案しました。
倉庫管理システム(WMS)導入による管理品質の向上
F-OHGSによる物流アウトソーシングと共同物流化
輸出入業務および国内外複数拠点の一体管理
F-GLIS(富士物流グローバルロジスティクス情報システム)による貨物・在庫情報の見える化

実施したサービスの概要

倉庫管理システム(WMS)による製品・部材・半製品等の全体管理

当社独自のWMSにより、完成品・半完成品等の状態が異なる様々なアイテムの入出荷とロケーション管理等を正確かつリアルタイムに行うことが可能になりました。
またWMSの作業者支援機能による、作業者の間違いを防止する仕組みで、作業品質向上を図っています。

F-OHGSによる物流アウトソーシングと共同物流化

システムを導入するだけでなく、その管理運営を日々確実に行ってWMSを最大限に活かすために、更には変化に合わせて柔軟に対応していくために、当社がお客様施設内に出向いて物流業務を請負うサービス「F-OHGS」をご提案。
また当社の他のお客様との取引実績を通じたネットワークや規模に基づく効率的な運送体制や人員体制、外部倉庫等をあわせてご提供しています。

F-OHGS拠点を中心とした輸出入および国内外複数拠点等の全体管理

F-OHGSでお客様の製品・商品や物流の特性を深く理解した上で、海外からの輸入、海外販売・海外生産のための輸出、国内・海外での複数の在庫拠点の運営、通販物流の管理等、複雑になりがちな物流全体を一体的に管理することで、個別サービスの価格だけではない、全体最適を考えた物流を行っています。

F-GLIS(富士物流グローバルロジスティクス情報システム)による貨物・在庫情報の見える化

国内外の複数拠点と輸送中の在庫情報や貨物追跡情報などをWebで確認できるF-GLISを導入することで、物流情報の見える化を推進。お客様の間接業務の削減にもつながっています。
F-GLISでは、商品コードはもちろんロットNoやシリアルNo等からの在庫状況の検索も可能です。

導入による効果

在庫管理精度の向上

トータルコストの削減

物流情報の見える化

ソリューション事例の一覧へ

お問い合わせ

担当部署:ソリューション営業統括部 営業第二部

電話番号:03-4455-2091