物流センターサービス

富士物流が提供する物流センターサービス

富士物流では、お客様のサプライチェーンや物流ニーズに適した拠点提案をはじめ、効率性を追求した倉庫レイアウトの設計、お客様のニーズに応じたカスタマイズが可能な倉庫管理システム(WMS)やRFID技術の活用、保管から輸送まで品質とコストを最適化する包装仕様の提案、そして日々の改善活動(FKS)の継続など、それぞれの専門分野におけるエキスパート集団が当社の物流センターサービスを支えています。これら当社ならではの取り組みにより、すべてのお客様に対し、ご安心・ご納得いただける高品質なサービスをご提供しています。

富士物流では、海外の拠点(倉庫)においても、国内での物流センターサービスのノウハウを活かして国内と同レベルのサービス品質を維持しています。そして、国内や海外拠点を中心とするネットワークを活かした国際複合一貫輸送や三国間輸送などにより、お客様のグローバルサプライチェーン全体における最適な物流をご提案いたします。

物流センター(倉庫)についてよくあるご質問

物流センター(倉庫)とは?

メーカーで生産された商品が消費者に流通するまでの過程において、物流センターでは、商品を安全に「保管」しつつ、正確に「在庫管理」を行い、卸売や小売店などの納品先ごとに「仕分け」し、「配送」するといった業務が行われています。また、「仕分け」作業においては、オーダーを受けた商品の棚からの取り出しやトラックへの積み込みなどをおこなう「荷役」、届け先まで商品の品質を維持するための「梱包」などの機能を含むほか、製品の付加価値を生む品質検査やラベル貼り、包装といった「流通加工」まで含まれます。
このように物流センターは、商品を生産者から消費者へ届ける過程で元来なくてはならないものではありますが、近年の企業では、物流の効率化やコスト削減が求められており、より戦略的な物流への関心が高まっているため、物流センターにおけるそれぞれの機能を有機的に結び付けることで、物流の一元管理、最適化に向けた高度化を担う場所になってきています。

物流サービスに関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-5476-0547

受付時間 9:00〜17:45(土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ