1. 【富士物流TOP】
  2. 会社情報
  3. CSR推進のための取り組み
  4. 情報セキュリティ確保への取り組み

情報セキュリティ確保への取り組み

富士物流株式会社は、情報、情報システム、情報インフラなど情報資産の重要性を認識し、以下に定める方針に従って、情報の機密性・完全性・可用性を維持して情報セキュリティの確保に努めてまいります。

情報セキュリティ基本方針

1情報セキュリティ体制と情報資産の管理
情報セキュリティ管理体制を構築し、情報資産の重要性に応じて、適切な管理に努めます。
2法令・規範遵守
関係する法令、国が定める指針、その他の関連する規定を遵守します。
3リスクアセスメント
重要な情報資産のリスクを分析・評価し、セキュリティの脅威と脆弱性に対し、適切な対応を行います。
4教育・訓練
情報セキュリティの確保に必要な教育・訓練を継続的に行い、情報セキュリティの意識向上に努めます。

2017年6月28日
代表取締役社長 渡部 能徳

ISO27001 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS) 認証概要
認証番号 3323791
対象事業所(6)
  • 本社(情報システム部)
  • 中部支社 名古屋物流センター
  • 東京支社 新東京物流センター
  • 関西支社 大阪物流センター
  • 京浜支社 京浜物流センター
  • 九州支社 博多物流センター
認証範囲 倉庫、輸送サービス及びそれに関連する付随サービス、電機設備、
通信機器、自動車電装装置向け、検査・保守・カスタマイズサービス
情報インフラ管理・システム開発(本社情報システム部のみに適用)
2.適用規格 ISO/IEC27001:2013,JIS Q 27001:2014 情報セキュリティマネジメントシステム規格
初回登録日 2012年2月8日
登録審査機関 ビューローべリタスジャパン株式会社
  • ISO 27001 BUREAU VERITAS Certification