1. 【富士物流TOP】
  2. 物流サービス
  3. 付加価値サービス
  4. RFID(ICタグ・電子タグ)サービス

RFID(ICタグ・電子タグ)物流管理サービス

社会のIT化・自動化を進める基盤技術として注目されているRFID(ICタグ・電子タグ)技術を活用してより高度で効率的な物流管理を実現するサービスです。IoT(Internet of Things)の進展により、多くの分野への導入拡大が期待されます。
富士物流では早くから物流分野でのRFIDの実用化に向けて独自の研究に取り組んでおり、2008年以降、実際の物流現場での運用を拡大しています。
RFIDを活用した物流のスピード/精度・品質の向上やセキュリティの強化、さらに新たな付加価値の創造によって、お客様によりレベルの高い物流サービスをご提供します。

RFID(Radio Frequency Identification)とは、タグ状に加工された微小なICチップに記録されたデータを、電波や電磁波などを用いた無線通信によって読取り、人やモノを識別・管理する技術です。

RFID活用イメージ

RFID活用イメージ

  1. 1.より迅速で確かな物流管理
  2. 2.SCMツールとしての活用
  3. 3.IoTとしての活用

こんなことでお困りではありませんか?

物流作業のスピードや精度・品質に問題がある!
個体管理を効率的に行いたい!
バーコード読取作業に手間がかかるほか、読み間違え(二重読み・読みモレ)も発生!
棚卸に時間がかかり、費用も高い!
店舗や物流にICタグ管理を導入したいが、商品にICタグがついていない。具体的にどうすればよいかわからない。

富士物流のRFIDソリューション

RFIDによる一括検品や工程進捗把握で、よりスピーディーで正確な物流を実現します。
RFIDはバーコードと異なり、離れた場所から複数のICタグ情報をまとめて読みとることができます。この機能を最大限に活用して物流管理の効率化や見える化を行います。例えば一点づつバーコードを読み取る検品作業がRFIDの導入で一括読取可能となり、生産性と精度・品質の向上につながります。また個体(シリアルナンバー)管理や工程進捗情報の収集も容易に行えます。作業のスピードアップにより、リードタイムの短縮やお客様へのスピーディーな物流情報伝達も可能となります。

ICタグの一括読取で棚卸時間を大幅に短縮し、より高品質な在庫管理を行います。
各商品のICタグの一括読み込みを行うことで、棚卸時間を大幅に短縮するほか、棚卸にかかる間接業務の効率化を実現します。また棚卸のために出荷を停止する時間の削減にもつながります。さらに棚卸を容易に実施できることにより、これまで以上に正確でリアルタイムな在庫管理も可能となります。さらに当社では棚卸を自動で行う「棚卸ロボット」を開発し、導入を進めています。

棚卸ロボットについて


アクティブタグを利用して商品と作業者を常時監視することでセキュリティを強化します。
特別管理エリア内において商品とICタグを身につけた作業者の「動き」を常時監視し、保管状態や異常発生をリアルタイムに把握することで、高度なセキュリティ管理を行います。

物流センターでのICタグ取り付けも可能です。
商品にあらかじめICタグが貼付されていない場合にも、物流センター内で貼付し情報登録します。貼付したICタグを店舗等で活用いただけます。
貼付作業分の工数が増加するものの、棚卸や出荷作業での省力化や品質向上によるロス削減等により、増加工数以上の効率化も可能です。


商品の素材や形状によって異なる最適なタグの選定や運用方法もご提案します。
商品(素材や形状、梱包状態等)や現場(保管棚の種類やレイアウト等)により読み取り精度が異なる等、実際の運用の際には理論値通りにはいかないことも多く、大きな課題となります。当社は、物流会社として実際の商品や物流現場を使って研究してきたからこその導入提案が可能です。

RFIDサービス活用事例

絨毯の棚卸

商品特性上(形状、重量)、棚卸時の商品・数量チェックに非常に負荷がかかっていましたが、ICタグを貼付することで一括棚卸が可能となりました。

RFID(ICタグ)で棚卸時の現品確認作業を効率化

店舗からの発送作業支援

複数箇所・複数フロアに分かれる店舗で、購入いただいた商品を1つに取りまとめて梱包・発送する作業にRFIDを活用しています。ICタグの一括読取によって、各工程でよりスピーディーなチェック作業が可能となったほか、工程の進捗管理にも利用しています。

半導体部材倉庫でのRFID在庫管理システム

高品質な管理が求められる半導体部材倉庫でRFIDを使用した入出荷検品、在庫管理、棚卸作業等を行っています。将来的には調達・生産など前後工程との連携によって活用範囲を広げ、サプライチェーン全体での効果拡大を目指しています。

富士物流の研究開発

棚卸ロボット

富士物流では、独立した技術部門をおき、より高度な物流の実現と新たな付加価値創造に向けてさまざまな研究開発を行っています。

RFIDに関する最新の開発事例

棚卸ロボット3号機について

当社では、自社で研究を進めているRFIDを使った物流技術をお客様へ紹介する施設として、京浜支社(川崎市内)内においてRFIDショールーム(通称:ロージー'S らぼ)を運営しています。

RFIDショールーム“ロージー'S らぼ”のご案内はこちらから

RFID関連ソリューション事例のご紹介

お問い合わせ

担当部署:ソリューション営業統括部 営業第二部 電話番号:03-5476-0547 お問い合わせフォームはこちら